町田の隠れ家サロンFreerance(美容鍼灸、アロマ、エステ、アンチエイジング、ブライダル、ダイエット、痩身)

自律神経失調症について

自律神経失調症

「あれ?最近、調子が出ないな・・・・」
「なんとなく億劫」
「持病が治り難い」

など、日常生活に支障はないけれど、
「元気ですか?」と聞かれて、
「はぃ!元気です!」とは答えづらい・・・・

最近、とても多くの方が感じていらっしゃるこの症状、

自律神経失調症かも知れません。

そんな変調を感じた時にケアが大切です。

未病(まだ病名もつかず、しかし健康ではない状態)のケアは1回~数回で改善が見られます。
未病の時間が長くなればなるほど、病気に向かって進行していますので、
ケアではなく治療が必要になってきます。

ケアの段階では、リラクゼーションのように、‘心地良いケア‘で心身ともにリフレッシュするいい時間となります。

「あれ?」と、思われた時のケア。

そして。

「体調が思わしくない・・・」と感じた時の治療。

東洋医学は、どちらも身体バランスを整えることから始めますので、
身体の症状が楽になり、心のリラックスまで感じて頂くことが出来ます。

自律神経失調症の症状は、個人差があり、
肩凝りとして現れる方、
持病(アトピー性皮膚炎や、喘息)などが発症してなかなか治りにくい方、
生理周期や程度など、身体サイクルが崩れてしまう方

様々です。

それもそのはず。

自律神経とは、身体が健やかに運営されるよう、脳からの指令で身体機能を司っている神経だからです。

自律神経のバランスを管理しているのは、大脳にある視床下部です。
ここにはホルモンを分泌している部分があるため、ホルモンバランスの崩れが自律神経失調症を引き起こすことがあります。
特に女性ホルモンの変化を持つ女性は、自律神経の乱れに大きく影響してきます。

発症した部位(肩凝りなら筋肉や首周り、生理不順なら子宮など)には病原がなく、
その機能を指令している自律神経神経の誤作動が原因となっているのが自律神経失調です。

肩凝りが辛くてマッサージを受けても改善せず、数日後にはまた肩凝り・・・となってしまうのは、そのためです。

東洋医学は、
身体状態を個々に観察、診断して治療方針を決めていく
「症状に合わせた治療」を行います。

診断の視野には、
「なぜ?そのような症状となってしまったか?」という原因追求が土台となっています。

まさに
パーソナル(個々の症状に合わせた)な治療です。

身体の自然治癒力を高めて、健康に導く

自然治療のため、お薬の服用のような副作用がありません。

しかし。

肩凝りの治療をしたら生理痛まで解消されたという
思わぬ「福作用」があります。
東洋医学の治療は身体のバランスを整えるので、このような福作用が度々、起こります。

身体バランスを整えることで、
自律神経を穏やかに整え、
日常のちょっとした体調管理が可能になります。

ストレス、不規則な時間の活動など
様々な身体ストレスが原因で起こる自律神経失調症は、
東洋医学で自然に優しくケアしていきましょう。

 

 

自律神経失調症は、身体の様々な症状が現れます。

あたま
頭痛、頭が重い、めまいなど
頭の側部のズキンズキンとした痛み
首から後頭部にかけて締め付けられる痛み
首や肩コリが同時に現れることもあります。
疲れ目、物が見えにくい、ドライアイ、涙が出る、目の奥が痛い、眼精疲労など
耳鳴り、耳の閉塞感など
口、のど
口の渇き、味覚の異常、舌の痛み、のどの異物感・圧迫感など
心臓(血管)
動悸、息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、手足の冷えなど
脈が速くなる、急に体がほてる、ドキドキする
消化器
下痢、便秘、吐き気、胃の不快感、空腹感はあるが食べたくないなど
泌尿器系
頻尿、残尿感、尿が出にくいなど
手足
冷え、ほてり、しびれ、痛み、足のふらつきなど
夏でも冷えを感じる方は要注意です。
筋肉
肩や首のコリ、関節(肩・膝・手首など)のだるさ、全身の筋肉痛など
その他
生理不順、皮膚のかゆみ、抜け毛
情緒不安定
急に怒ったり泣いたりする
集中力が続かない
仕事などでミスが続く
物忘れが増える
イライラする
怒りっぽくなる
憂うつ感
ヤル気がでない
落ち込みやすい
不安感眠りが浅い
不眠症

同時にいくつもの症状が出ることが多いといわれていますが、症状の出方には個人差があるため、一つの症状しか出ない人もいます。
これらの症状は身体からの緊急のサインが出ているということ。
重症化すると別の病気へと進行することもあるので、早めに対策が大事です。

日常に出来る自律神経を整えるケア

自律神経が乱れる原因は、
ストレス、体質、性格、環境、生活習慣など様々です。
ご自身の身体や心の特徴を知ってケアをしてあげましょう。

夜更かしや徹夜
人間の体は、昼間は交感神経が優位に働き、夜は体を休めるために副交感神経が優位に働くようになっています。
しかし、昼夜のリズムが狂うと、副交感神経と交感神経のスイッチの切り替えが難しくなるのです。
緊張が続いた時には、ゆっくりと湯船に入り副交感神経を優位に整えてから寝ましょう。
夜の過ごし方
本来人間は、夕暮れになったら体を休めて、夜明けともに活動していました。
24時間店が営業し、夜中もインターネットで世界と繋がることができる現代は、自律神経のバランスを崩しやすい環境であるといえますね。
食事
3食の時間を守ることも身体のリズムを整え安定させます。
また食事をした身体が行う消化は副交感神経が行います。
食事を抜いてしまう。急いで食べるなど、副交感神経の働きを乱さないようにしましょう。
ストレス発散方法
身体をストレスから開放するためには、【身体を自由にする】ことが最優先です。
大騒ぎしたり、暴飲暴食をしても身体は自由になりません。
ご自身の身体に見合ったストレス開放法を見つけることも大切です。

身体に合わせた日常のケアについては、治療時にアドバイスさせていただきます。

治療についてはこちら

( )内は消費税込みの価格です

しんきゅう治療 体質改善症例<アトピー性皮膚炎>

鍼灸治療の治療法として<体質改善>があります。

長年、アトピー性皮膚炎と過ごされてきた患者さまが鍼灸治療で改善しました。

アトピー性皮膚炎は、発症の傾向に個人差が強くあり、どなたにも合うという治療法はありません。
鍼灸治療は、その個人差を助ける治療(まさにパーソナル)ですので、体質、体調に合わせて治療を進めることで、

アトピーの発症を少なくしていきます。

治療を受けて頂いた患者さまからのご感想を頂戴しましたので、ご紹介します。
(患者さま、ご本人のご承諾を得て掲載させて頂いております)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Freeranceで鍼灸治療を受け始めてから、2013年8月でちょうど一年になります。

物心ついてから30 年来、アトピーと喘息をずっと薬で抑えてきましたが、職場の人事異動のストレスからか、2012年の3月にアトピーの炎症が大悪化しました。

○○先生の所へ、と紹介された皮膚科で、今まで使った事のない最強ランクのステロイドを処方され、(炎症の程度関係なく)身体全身に塗るように指導されました。当然の事ながらひどい炎症はあっという間に治まりましたが、そのままの処方が数ヶ月間続く間に、全く炎症が起きない場所、塗っても塗っても新しい炎症が起きる場所、がかなりはっきり現れるようになりました。子供の頃のアトピーとはまるで違ってきた肌の様子と、こちらから相談しても「ちゃんと塗ってる?もっと身体全部塗らなきゃダメだよ!」という皮膚科医の言葉に、「このままだとヤバイ。内臓も皮膚もおかしくなる。」と本能的に思いました。

それで、今までは漠然としか考えていなかったステロイド以外の治療法】をネットで本気で探し始めました。

その時に、

具合が悪い時でも通える

身体の悩みを隠さずに見せられる

合わなかった時の悪化が少ない

といった幾つかの条件を考え、それがクリア出来そうな、こちらの鍼灸治療の予約をしました。

初めの数ヶ月は強めのステロイドも併用しながら、「痒い」→痒みを抑える。「暑い」→こもった熱を取る。といった、その場その場の治療がメインでしたが、自律神経を整える治療が始まった辺りから、明らかに体調の良さを感じ始めました。

急な暑さ寒さ、忙しさ、ストレスが本当に苦手で、グッタリとしてしまうことが多かった私が、あまり「疲れた…」と思わなくなりました。炎症が起きたり疲れたりしても、回復が早くなりました。それから、何となく自分に自信がついたというか、本来の性格が戻ってきているように思います。

今はランクを落としたステロイドを内科で処方してもらっていますが、塗る量は本当に少なくなりました。身体のほとんどの部分は、保湿剤を塗るだけで済んでいます。

30年以上の間ムリをさせていた身体が良くなるのにはもうちょっと時間がかかるだろうと思いますが、確実に良くなっているという実感があるので、続けて通ってみようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週1回の治療ごとに、体質が変化したり、とにかく疲れやすいという虚弱な体質改善から始めていきました。

季節の変わり目、温度差、体調・・・全ての変化に対応出来なくなっていた状態でしたが、

半年を過ぎた頃から体力のアップ、アトピー発症の傾向に変化が出てきました。

30年来アトピーと過ごされていらっしゃる患者さまでしたので、発症の変化には驚いておられたのと共に、

お薬の使用方法を変えて行かれ、現在では保湿ローションでのケアで済むまでに発症が治まっています。

肌自体にも活力が出てきて、お逢いする度に肌がつるつるとした感触、ステロイドによる肌色ムラが消えて来ています。

特に女性は、おしゃれも楽しみたい。

お逢いする度に、笑顔が溢れ、可愛らしいお洋服に変わっていかれる患者さまの歓びを拝見して

とても嬉しく思っています。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方、お薬に頼らない治療方法があります。

お気軽にご相談ください。

はりきゅう治療室 Freerance  院長 菊地智子

( )内は消費税込みの価格です

お肌は内臓の鏡

Freeranceでは、美容鍼灸を始める前に全身治療をさせて頂いております。

‘美容鍼灸‘=‘顔に鍼刺したら、キレイになれる‘というイメージが先行されてしまい、

美容鍼灸にどうして全身治療が必要なの?という疑問についてちょこっとご説明させて頂きます。

私の所属している(社)日本美容鍼灸協会 では、東洋の伝統医療の一部である中医美容を基本理念としています。

中医美容は、『全身の健康の上に美が成り立つ』=‘健康じゃないとキレイになれない‘という基本的な仕組みを伝えています。

例えば。

便秘が続くと、肌荒れが起こる・・・

寝不足が続くとお化粧ノリが悪くなる・・・

無理なダイエットでお肌がボロボロになる・・・

事件は身体で起こっているのに(笑 

お肌に影響が出てくるのは、なぜでしょう?

それは、

『お肌は内臓の鏡』と言われる中医美容の原点のメッセージなのです。

美容鍼灸は、‘肌をキレイにする‘とか、‘ハリを出して5歳若く見せる‘という根底には、

身体が健康である

ということが大前提なのです。

今、アジアンビューティが注目を浴びている時代背景の裏には

高価な化粧品を使って美を追求してきた今までの美容方法を覆すようなメッセージが込められています。

身体から健康になって、そしてキレイになる。

中医美容との出会いは、Freeracneの基本理念とまったく同じ考えでした。

始めた人から本当のキレイを実感して頂けると思います。

( )内は消費税込みの価格です

ニキビとニキビ治療について

Freeranceでは、美容鍼灸とニキビ治療をほんのすこし分けて考えています。

ニキビは‘体質‘からの影響がとても大きいからです。

体質には。

生まれながらの体質

と、

生まれてからの生活で出来た体質

とがあります。

ニキビで考えてみると、生まれてきた赤ちゃんにニキビは出来ていませんので、

ニキビは‘生まれてからの生活で出来た体質‘の影響が大きいと考えられます。

‘生まれながらの体質‘(遺伝など)も多少の影響はありますが、

これが一番の原因とは考えにくく、生活環境によって身体が変化したものです。

さて。

一般に‘炎症‘が起こる症状は、身体に熱が溜まって起こることが多いので、そもそものニキビの原因も熱です。

なので、思春期のエネルギー(陽気)が盛んな時期にニキビが出来始めます。

そして、熱の生じやすい食事、生活環境、そしてストレス・・・そういった二次的な環境が複雑に身体に影響を及ぼして出来るのが‘大人ニキビ‘です。

そういう背景があって、ニキビが発症します。

ニキビの出来やすい体質は4パターンに分けられます(複数の弊害もあります)ので、体質に合わせた治療が必要となります。

ニキビ治療はニキビそのものを治療することと、‘ニキビが出来やすくなっている体質‘を治療の二本立てで行わないと結果(改善)が現れません。

ニキビで肌自体もダメージを受けていますので、肌再生を促す美容鍼灸と、体質を整える全身治療を並行して行っていきます。

始めは週1回の治療で、体質を整えていくことが大切です。

ニキビは体質も絡んで、ご自身もとても辛いお気持ちになる症状ですので、

美容の範囲ではありますが、価格を少し抑えております。

ご自身の体質を知って、悪化する環境を避けていくことで、ニキビの出来る体質に偏らないよう、ご指導もしていきます。

また、エステなど美容からの肌再生のお手伝いもさせて頂きます。

ニキビの出来にくいキレイなお肌を目指しましょう☆

( )内は消費税込みの価格です